あいきとうか GM

はじめまして、もしくはお久しぶりです。あいきとうかです。

皆様のキャラクターが生き生きと活躍できるよう、
誠心誠意、そしてめいっぱい楽しく励ませていただきます!

よろしくお願いします。



メッセージ・インフォメーション等

描写ご希望のセリフや心情は遠慮なくプランにご記載ください。
ご意向に沿えるよう、尽力させていただきます。

パートナー同士でお楽しみいただく指令が多めです。
(ロマンスや日常っぽいものなど)
指令内で他の浄化師様との交流をご希望の方はプランにその旨をご記載ください。
可能でしたら交流なさる浄化師様双方がご記載ください。

戦闘シナリオは浄化師様同士の交流・アドリブが特に多めになります。
苦手な方はあらかじめお申し付けください。

どのシナリオでも口調のサンプルがあるととても嬉しいです!


作品一覧

守り石におもいをこめて
参加人数 8 / 8人

砂海の運び屋
参加人数 5 / 8人

【夏祭】無病息災を祈って
参加人数 5 / 8人

【友好】鏡の中に映るのは
参加人数 4 / 8人

祝花は婚礼と誓いに咲く
参加人数 5 / 8人

梅花迷宮は絆を試す
参加人数 8 / 8人

ファラステロは夜を往く
参加人数 6 / 8人

氷精迎えとかまくらと
参加人数 4 / 8人

朝日に溶ける
参加人数 5 / 8人

トロール・ブルーと雪遊び
参加人数 4 / 8人

アユカ・セイロウのクリスマス!
参加人数 1 / 1人

リコリス・ラディアータのクリスマス!
参加人数 1 / 1人

ヘスティアの火
参加人数 5 / 8人

アチェーロ渓谷の紅葉狩り
参加人数 3 / 8人

常夜の国のセレナーデ
参加人数 8 / 8人

【魔女】お味はいかが?
参加人数 4 / 8人

【魔女】見習いくんのささやかな悪戯
参加人数 4 / 8人

【魔女】ずっといっしょに
参加人数 4 / 8人

森の中の仕立て屋さん
参加人数 8 / 8人

お薬飲めるかな?
参加人数 4 / 8人

旅立つ友にはなむけを
参加人数 8 / 8人

夜長の閑談
参加人数 8 / 8人

青の音色
参加人数 8 / 8人

トマティーナ・クッキング
参加人数 3 / 8人

新人だってかっこよく戦いたい
参加人数 5 / 8人

私に贈り物をくださいな
参加人数 8 / 8人

向日葵は秘密を求める
参加人数 8 / 8人

氷菓子は半分ずつ
参加人数 8 / 8人

森の中の幸せ?
参加人数 4 / 8人

【海蝕】波打ち際の宝物
参加人数 8 / 8人

夜空に星河、傍らに君
参加人数 8 / 8人

空に虹がかかるまで
参加人数 8 / 8人


リンク・ファンレター


サンプル

 怨讐派による一連の騒動が収束して、残った問題のひとつがポモナの行く末だった。
 教団本部に身を寄せた魔女たちのうち、一部が残留を決定した。有事の備えてのことだ。その他には、元の場所に戻ることを希望する者と、教団の近く――すなわち首都エルドラドへの移住を希望する者に分かれた。
「あなたはどうしたい?」
 街を一望できる時計台で、エイバが夕飯の献立の希望を募るような口調で聞く。
 白い柵に腰かけていたポモナは口をつぐみ、黒いローブに身を包んだ彼女ではなく、街を見ていた。夕日が世界を赤く染めている。吹き抜けていく風はひんやりと冷たかった。
 もうすぐ冬がくる。魔女たちはその前に自分が望んだ場所に移る予定だ。
 怨讐派の魔女として生まれ育ち、親友であるサウィンを追いかけて出奔し、浄化師に保護されて世俗派の魔女に引き渡されたポモナに、帰る場所はない。
「サウィンはエルドラドに住むんだって」
「……知ってる」
「あなたはどうしたい?」
 全く調子を変えないまま、繰り返された問いにポモナは薄く唇を開き、閉じた。
 本音を言えば、ポモナもサウィンと一緒に住みたい。それが叶わないまでも、せめて毎日会えるくらい近くにいたい。
 派閥こそ違ったが、ポモナとサウィンは近しいところでともに生きてきたのだ。両親を捨ててまでポモナがサウィンを追ったのは、彼との離別がなによりもつらかったからだった。
 全部が終わって。
 魔女と教団が互いに歩み寄って。
 もはやポモナの両親は生きていないかもしれないが、それでも、サウィンは近くにいてくれて。
 ハロウィンの祭りでにぎわう街で、サウィンと再会したときのことをポモナは思い出す。
 浄化師たちが迎えにきてくれるまで、不安で仕方なかった。泣き虫のサウィンは両親と離れて知らない場所にいることに気づくと、案の定ぽろぽろと涙を流した。サウィンを守りたい一心で、ポモナは彼なりに、必死に親友を励まそうとしていた。
 見つけてくれた浄化師たちの笑顔も、もらったお菓子の味も、抱き締めてくれたときの温もりも。
 そのあと教団で悪戯をして怒られたことも、変なかぼちゃプリンも。
 退屈していたら遊んでくれた浄化師たちのことも。
 いつの間にか住み着いていた妖精たちのことも。
 全部がポモナの記憶には刻まれている。楽しい日々だった。ずっとここにいたいと思う毎日だった。
 そして、それらの光景のすべてに、サウィンがいた。
「あなた、このままだとここに残されるわよ」
「……うん」
「でもサウィンはいなくなるの。もう会えなくなるってことはないでしょうけど、一緒に魔法を習ったりすることは、たぶんなくなるわ」
「……うん」
「先のことを考えて、大人たちは子どもたちに通常より早く魔法を習得させようとしてるのよ」
 もしもサウィンが教団に遊びにきたとしても、長居できる日はほとんどなくなる。ポモナがそのとき魔法の練習中であれば、顔をあわせることもできないかもしれない。
 それは、とても、嫌だった。
「困った子ね」
 笑いと呆れがないまぜになった声でエイバが言い、振り返ろうとしないポモナを「よっ」と抱き上げて柵から下ろす。
 突然のことにポモナは小さく声を上げ、よろめきながらもどうにか立った。
「な、なんだよ!」
「いい? ポモナ。あなたは怨讐派から抜け出した。たったひとりで、覚悟を決めて、親友のために走ったの。立派なことだわ。でもね」
「いっ!?」
 ぴん、とエイバの指がポモナの額を弾く。
 年齢不詳の魔女は大げさに痛がるポモナに、片目をつむってみせた。
「あなたはまだ子どもなの。わがままを言って大人を困らせるのだって仕事のうちよ。変なところで大人ぶらなくていいの。……これが最後よ?」

 ――あなたはどうしたい?

 答えは決まっていて、でも叶わないと諦めていて。
 だからポモナはうつむいた。裏切り者を保護してくれただけで十分だと、このまま殺さないでいてくれるならそれだけでいいと、背伸びしたことを言いたくて、口を開く。
 もしかしたら、エイバに魔法をかけられていたのかもしれない。
 口からこぼれたのは、全く違う言葉だったのだから。
「……サウィンと一緒にいたい」
「よろしい」
 にっこりとエイバが笑って、ポモナの頭を乱暴に撫でた。
「ちょっ、なにすんだよ!」
 目に浮かんだ涙を知らないことにして、ポモナは抵抗する。だがエイバは結局、気がすむまでそうしてから、ようやく手を離した。
 ぼさぼさになった髪を、ポモナは不貞腐れながら両手で直す。
「偶然だけど、あたし、サウィンの家の近くに住むの。ま、あそこの母親と仲いいしね」
「……ふぅん」
「でもねー、なーんか間違えてちょっと広い家になっちゃってー。ひとりじゃ持て余すし、家事したくないし、久しぶりに弟子でもとろうかなーとか思っちゃって」
 頬に片手を添え、悩ましく眉根を寄せたエイバがちらりとポモナを見る。
 少年は呆然としていた。
「どこかに手ごろな子どもがいないかなーって探してるんだけど。ポモナ、知らない?」
「し……っ、てる……、かも……」
「元が何派だとかぜーんぜん気にしないんだけどなー。ちょっと魔法が下手でもあたしが鍛え上げるからいいんだけどなー?」
 夕日が地平の彼方に落ち切って、夜がやってきた。
 月明かりがエイバのしたり顔を浮き上がらせる。ポモナの目尻から、一滴だけ涙がこぼれた。
「エイバ」
「なーに?」
「おれ、とか、どう?」
「もう一声」
「……おれを弟子にしてください」
「言えるじゃない」
 ぎゅっとポモナを抱き寄せて、エイバは彼がせっかく整えた髪をくしゃくしゃにする。
 嗚咽を殺して泣いていたポモナは、不意に静かな声で名を呼ばれ、湿った返事をした。
「あたしね、人間を食べたことがあるの。もうずぅっと前のことよ」
 おとぎ話を語るように、エイバは告白する。ポモナは息をのんだ。
 怨讐派の魔女の間には人食いの風習が根強く残っている。まだ幼いポモナは食べたことがないが、少なくとも世俗派の魔女はその習わしを忌避しているはずだった。
「ああ、あたしは生まれついての世俗派よ。でも昔は力が弱くてねぇ。強くなりたくて、人を食べたの。ちょうど、あなたと同じくらいの子だったわ」
 森の中、花を摘みにきていた少女。
 病気の母に花を届けるのだと微笑んだその子どもを、エイバはその場で殺して食らった。
「血の一滴、髪の一本までね。でも全然力にならなかった。心優しくていい子を食べたんだって、罪悪感ばかりが膨れたわ。……しばらく、魔法なんて使えなかった」
 後にも先にも、エイバが人を食ったのはその一度きりだ。
「あなたには知っておいてほしかったの。戒めもこめてね」
「……人を食べても、強くなれないって?」
「そう。浄化師に助けられたあなたは、きっと人に害をなせないわ。でも、たとえばサウィンが危機に陥ったとき。力を欲して、道を踏み外すかもしれない」
「……うん」
「人を食べるくらいなら、鍛錬なさい」
 少し強めに、エイバはポモナの背を叩いた。
「魔女だって誰かのために戦えるのよ。誰も犠牲にしなくてもね。あたしたちがそれを証明するの。いいわね?」
 大きく頷いたポモナに、エイバは笑みを深くする。
「よし。じゃあ帰るわよ。やることはいーっぱいあるからね」
「任せろ!」
 見習い魔女が意気揚々と先を行く。
 もう歳を数えることもやめた魔女は、楽しそうにその背を追った。