アブソリュートスペル(魔術真名)
《未称号》リチェルカーレ・リモージュ
祓魔人 Lv20 経験値6624 NEXT156
《未称号》シリウス・セイアッド
喰人 Lv20 経験値6624 NEXT156
よろしくお願いします、ね
《未称号》
リチェルカーレ・リモージュ
…仕事はする。それでいいだろう。
《未称号》
シリウス・セイアッド

プロフィール

リチェルカーレ・リモージュ
シリウス
人間
陰陽師
O / 陽
女性
12月25日
16歳
外見よりやや年上
やや低い
スレンダー
右利き
【左】 【右】
色白
優しい
あなた
~です、~ですね
使う

ステータス

103 / 103
180 / 180
34 + 0
59 + 87
35 + -8
53 + 38
3 + 0
27 + -9
41 + 37
46 + 0
10 + 203

スペック

17 + 0
31 + 0
18 + 0
25 + 0
14 + 0
22 + 0
21 + 0
12 + 0

困っている人を不幸などから救済するため

α. 自然調和 ( 61 )

*プランはアクションに記入します

愛称:リチェ
銀青色の髪に青と碧の瞳、ふんわりした笑顔
歌と花が大好きなごく一般的な少女
身長151cm
実家の花屋に 母親と年の離れた弟妹がいる
父親は数年前に他界(履歴34話)

のんびりおっとりした性格
人を疑うということがないので騙されやすい
シリウスの無表情にも 頓着することなく懐いている

エクソシストになるまでは戦闘に関わったこともなかった
それでも いざという時には一歩も引かない強さを持つ

>出会い(履歴7話)
緊張で震える手を彼と合わせた
同調率:100%
職員に言われるまま 指を絡めることができた
恥ずかしさと嬉しさで おずおずと見上げた先に
ほんの少し戸惑ったような彼の顔

>魔術真名詠唱方法
向かい合い 互いに手のひらを合わせ目を伏せる

>対シリウス
頼りになるパートナー 強い意志を秘めた翡翠の目がとても綺麗だと思う
たまさか見せてくれる柔らかな表情が何より嬉しい
兄のようにも守護者のようにも思う 大切なひと
だけど、彼の手に触れるたび、稀に掠める淡い笑顔を見るたび、頬が熱くなるのはなぜだろう

大人びて冷静に見える彼が 自分自身に対してはひどく投げやりな事に気づき始めた

プロフィール

シリウス・セイアッド
リチェ
ヴァンピール
断罪者
A / 水
男性
1月18日
23歳
外見相応
かなり高い
細マッチョ
右利き
【左】 【右】
色白
クール
お前
~だ、~だろう
使わない

ステータス

103 / 103
63 / 63
32 + 38
49 + 0
21 + -8
55 + 0
3 + 0
55 + 23
39 + 255
33 + 0
10 + 121

スペック

19 + 0
23 + 0
8 + 0
29 + 0
31 + 0
20 + 0
18 + 0
17 + 0

喰人、祓魔人となった時、目撃情報を提供され、そのまま教団に加入されられたため

α. 宿敵滅殺 ( 66 )

*プランはウィッシュに記入します

黒い髪、翡翠の双眸の無口無表情な青年
身長185cm
顔の造作そのものは整っているものの 表情がないので無機質な印象が強い
不必要なことは話さないが 必要なこともあまり話さない
慣れた相手には 頑固な面や負けず嫌いな一面を見せることも

子どもの頃 住んでいた村をヨハネの使徒に襲われ家族を喪う
その事件時に能力が暴走しかけたことで存在を知られ、自失状態のまま保護という名目で教団に所属
アウェイクニング・ベリアルを発症した個体として、一定期間病棟で隔離。
数値変動の被検体として扱われた事があり、病棟(特に本部病棟)は鬼門
任務で負傷したとしても 治療を受けに行こうとはしない

身体面や精神面の不調は無表情の奥に隠す癖が

教団在籍年数は長いものの、過去や境遇を知る人間は少ない

>対リチェルカーレ
いつでも傍らにある無条件の信頼と好意に 少しずつ表情に変化が出始めているが、戦闘時の庇うような行動時以外で自分から彼女に触れることはあまりない
「自分が大切に思ったひとに不幸を撒いてしまう」
という強迫観念にも似た思いが根底にあることが原因

人に触れることを恐れる気持ちと、「浄化師の片割れである」リチェルカーレなら平気だろうかという気持ちの間で揺れる
そのこと自体が彼女に惹かれているのだとは まだ無自覚