アブソリュートスペル(魔術真名)
《未称号》降矢・朝日
祓魔人 Lv4 経験値674 NEXT241
《未称号》籠崎・真昼
喰人 Lv4 経験値674 NEXT241
美味しい物と昼寝は世界を救うよね
《未称号》
降矢・朝日
我が剣の道は皆を守る為に
《未称号》
籠崎・真昼

プロフィール

降矢・朝日
真昼くん
人間
陰陽師
O / 陽
女性
3月20日
22歳
外見相応
普通
グラマー
右利き
藍色
【左】 【右】
日本人肌
優しい
*名前*くん
~だよ、~だね
使わない

ステータス

38 / 38
70 / 70
13 + 0
23 + 27
15 + 16
21 + 0
1 + 0
10 + -2
15 + -4
19 + 0
5 + 37

スペック

6 + 0
12 + 0
8 + 0
10 + 0
6 + 0
8 + 0
9 + 0
3 + 0

世界を平和にする手立てを見つけるため

α. 天下泰平 ( 51 )

宵の髪の毛に柔らかい金の瞳を持ったヒューマンの女性。

姓:降矢(ふるや)
名:朝日(あさひ)

東方島国ニホン出身。
祓魔人覚醒の際にすったもんだあったが、契約相手が直ぐに見つかった事により事なきを得た。
見聞を深める為に二ホンを飛び出し、異国で浄化師となる事を決める。

どこか眠そうだが優しい笑顔を何時も浮かべている。
旅と昼寝を愛している。
美味しい物は世界を救う、としてちょっとしたキャンディ等を何時も持ち歩いている。
読書家の一面も持つ。

◆性格
マイペース。
大抵の事は笑ってなんとかできる器の大きい人間。
ただし善悪ははっきりしており、自らの信条に反する事に強く否を突き付けられる芯の強さを持つ。


実年齢:22歳
身長:166cm

◆対真昼
昔から家族ぐるみの付き合いのあるお兄さん。
契約に付き合わせて申し訳ないなと思いつつ、仲良くしていきたい。
お嬢さんはマイペース。

◆口調
二人称:苗字+さん(対年上)、名前+くん、ちゃん(対同年代、年下)
「こんにちは~。私は降矢 朝日って言うよ。よろしくね。」
「大丈夫。私達浄化師に任せて。」
「いやあ、お昼寝日和だね。お昼寝しないとこの天気に失礼じゃないかな?」

◆アドリブ歓迎
◆アクションプランに行動記載

プロフィール

籠崎・真昼
朝日ちゃん
ライカンスロープ
断罪者
O / 火
男性
9月22日
29歳
外見よりやや年上
高い
筋肉質
右利き
【左】オレンジ 【右】オレンジ
褐色
明るい
*名前*君
~だ、~だろう
使わない

ステータス

70 / 70
21 / 21
22 + 24
16 + 0
14 + -2
17 + 0
2 + 0
15 + 0
26 + 16
11 + 0
5 + 16

スペック

13 + 0
8 + 0
5 + 0
9 + 0
9 + 0
13 + 0
6 + 0
4 + 0

大切な人が喰人もしくは祓魔人となり、さらに偶然にも契約ができる状態だったため

α. 種族繁栄 ( 55 )

柔らかい黒髪と太陽の瞳を持つ犬のライカンスロープの青年。

姓:籠崎(かごさき)
名:真昼(まひる)

東方島国ニホン出身だが、異国の血が色濃く混ざっている。
適合相手の居ない喰人として教団に保護されつつも、侍として藩に仕えていた。
そんな折に恩人とも呼べる人の娘が祓魔人として覚醒。
これは大変だと慌てていた所あれよあれよという間に話しが進み、契約していた。
異国へ向かおうとする朝日の意見を尊重し、二ホンを出て教団本部へと所属した。

二ホンに伝わる武術「ケンドー」の構えで戦う。
大食い。食べた分は筋肉に変換するタイプ。
肉が好物。食べられない物は無いが、セロリが苦手。

◆性格
さっぱりとした性格。
他者を思いやり、弱者の味方であろうとする。
快活に笑うので実年齢より若く見られる。
昔はヤンチャしていたとか。


実年齢:33歳
身長:182cm

◆対朝日
昔からお世話になっている方々の大事な娘さん。
何も分からぬ異国でもマイペースな朝日に対し、大丈夫なのだろうかと心配気味。
お兄さんは心配性。

◆口調
二人称:苗字+さん(対年上、同年代)、名前+君、ちゃん(対年下)
「やあ、どうも。俺は籠崎 真昼だ。よろしく!」
「なぁに、大丈夫だ。俺達浄化師は皆を守る為にあるからな」
「昼寝のし過ぎで夜眠れなくなっても知らないぞ?」

◆アドリブ歓迎
◆ウィッシュプランに行動記載