アブソリュートスペル(魔術真名)
《未称号》リュシアン・アベール
祓魔人 Lv9 経験値2374 NEXT166
《未称号》リュネット・アベール
喰人 Lv9 経験値2374 NEXT166
この奇跡を、もう手放さない
《未称号》
リュシアン・アベール
大丈夫。僕は、お姉ちゃんだから
《未称号》
リュネット・アベール

プロフィール

リュシアン・アベール
姉さん、リュネ
アンデッド
悪魔祓い
A / 陽
男性
6月17日
15歳
外見相応
普通
細身
両利き
【左】 【右】
色白
明るい
貴方
~だよ、~だね
使う

ステータス

61 / 61
51 / 51
20 + 27
18 + 0
21 + 64
27 + 72
1 + 0
26 + -5
12 + 69
29 + 0
10 + 110

スペック

10 + 0
7 + 0
11 + 0
16 + 0
13 + 0
5 + 0
6 + 0
14 + 0

自身が喰人、祓魔人となったからには、人々のために力を使うべきだと考えたため

α. 守護友愛 ( 74 )

双子の弟。

◆外見
柔らかな銀の巻き毛、姉と同じピジョンブラッドの瞳。
姉とよく似た顔立ちをした中性的な少年。
身長は165cm

孔の位置は右胸。
腹部に引き裂かれたような傷痕がある。
いずれも服で隠せるため、一見すると人間と変わりは無い。
また、死ぬ以前の記憶もはっきりと保っている。

◆人物
真面目で正義感が強く、快活。
目上の相手への礼節も弁えており、所作が上品。
表情がくるくるとよく変わり、明るく天真爛漫なようでいて
内面には狡猾さも秘めている。

ヴァイオリンを嗜んでいる。

過去の一部を回想(19話)
郊外の名家に生まれ育つが、ある時、父親により幽閉され非道な仕打ちを受ける少女、リュネットの存在を知る。
父を射殺し救出を試みるも、死の間際ベリアル化した父に逆に殺される事となった。
当時、互いを双子と知らぬままリュネットに心奪われており、
全てを知った現在も尚、歪んだ想いと自覚しながらも姉を愛し続けている。

◆魔術真名詠唱
互いの両手を握り、額同士を触れ合わせる。

◆対リュネット
無垢で、無邪気で、眩しく暖かな存在。
姉弟の枠を超えて愛しく思うと同時に精神的支柱。
彼女を欺き、穢い感情を隠し持つ自分に、罪悪感は募る一方。

◆口調
基本的に敬語を使い、姉にのみ、普通に話す。

プロフィール

リュネット・アベール
シア
人間
狂信者
O / 陰
女性
6月17日
15歳
外見相応
やや低い
細身
右利き
【左】 【右】
色白
おとなしい
あなた
~だよ、~だね
使う

ステータス

60 / 60
32 / 32
20 + 0
26 + 34
20 + -7
26 + 205
2 + 0
17 + -5
20 + 69
18 + 0
10 + 175

スペック

10 + 0
13 + 0
10 + 0
13 + 0
9 + 0
10 + 0
14 + 0
8 + 0

大切な人が喰人もしくは祓魔人となり、さらに偶然にも契約ができる状態だったため

α. 自己防衛 ( 47 )

双子の姉。

◆外見
艶のない白髪、弟と同じピジョンブラッドの瞳。
いつも伏し目がちで、表情の変化も少ない。
長い髪を結うリボンは弟が日替わりで選んでくる。
身長は154cm

◆人物
寡黙で引っ込み思案。自分に自信が無く、人見知り。
見知らぬ相手(特に大人の男性)を怖がりがち。
感情そのものは豊かで、慣れた相手には無邪気に笑うことも多い。リュシアン曰く、自分の十倍は頑固で我が強く、一度決めた事は曲げようとしない(13話)

生来の喰人であった為、父親により存在を隠匿・隔離され非道な魔術実験を受けて育つ。
リュシアンにより救出されるも、直後目の前で彼を亡くしたショックからか、過去の全ての記憶を失った。

幽閉の最中にリュシアンと絆を通わせ、互いを双子と知らずに恋心を抱いていた記憶も現在は失われており、
今は姉として、ただ一人の家族として、弟を愛し慈しんでいる。

時間を持て余す時は、よくスケッチやデッサンをして過ごしている。
描くのは殆どが風景画・抽象画で、人物画は描こうとしない。

◆対リュシアン
時に可愛らしく、時に頼れる王子様のような弟。
自分だけが生き延び、記憶までも失くした事に負い目がある。
無力な自分なりに、精一杯彼を守っていきたい。

◆口調
他者はもれなく呼び捨て
敬語もほぼ使う事はないが、たまに思い出したように語尾に付け足すことがある。

※両者共にアドリブ歓迎。