アブソリュートスペル(魔術真名)
《未称号》ヨナ・ミューエ
祓魔人 Lv23 経験値8103 NEXT57
《未称号》ベルトルド・レーヴェ
喰人 Lv23 経験値8103 NEXT57
やるべき事をやるだけです
《未称号》
ヨナ・ミューエ
行くか
《未称号》
ベルトルド・レーヴェ

プロフィール

ヨナ・ミューエ
ベルトルドさん
エレメンツ
狂信者
AB / 陰
女性
10月10日
15歳
外見よりかなり年上
低い
普通
右利き
【左】 【右】
色白
真面目
*名前*さん
~です、~ですね
使う

ステータス

79 / 79
250 / 250
26 + 0
82 + 42
27 + 135
74 + 109
2 + 0
45 + 0
33 + 31
59 + 0
10 + 175

スペック

13 + 0
43 + 0
14 + 0
35 + 0
24 + 0
18 + 0
18 + 0
19 + 0

世界を平和にする手立てを見つけるため

α. 世界救済 ( 66 )

22歳150cm
少女の幼さを残す人形のような顔立ち。
言葉遣いこそ丁寧で務めて真面目、勤勉であるが、其の実感情の振れ幅は大きく発露は不器用そのもの
戦場では余計な事を考えなくてよい為か攻勢的
目的の為に自身の事が疎かになる事がある
やさしい嘘が嫌い

長らく契約相手が見つからず、低シンクロのベルトルドに頼む形で契約締結。契約は手段…のつもりだった

サンディスタムのイレイス研究者一家の出で、幼少から才能を見出され厳しい修練を重ねてきた。家の事は殆ど話さない

最近
サクリファイスの事は気になりますが
気持ち的にはブレイクタイムですね

対ベルトルド
一度、彼が倒れた事をきっかけにパートナーとしての在り方を見つめなおす。時にはヨナに苦言を呈しながらも概ね好意的に接してくれていたベルトルドに甘えていたのではないかと。
それとは別に読み書きの練習はサボらないで欲しい。
無頓着なスキンシップを無自覚にしがち。

----
クール系不器用が段々デレてきたなう
プランの書き方一生迷走中。秘匿はGMさん宛
PCとの絡み、アドリブ歓迎
冗長な説明的プラン多いのが最近の悩み イイノカナ
ネコチャンカワイイ

プロフィール

ベルトルド・レーヴェ
ヨナ/お前
ライカンスロープ
断罪者
不明 / 陽
男性
12月30日
30歳
外見相応
高い
細マッチョ
右利き
漆黒
【左】 【右】
クール
お前
~だ、~だろう
使わない

ステータス

180 / 180
56 / 56
57 + 40
44 + 0
39 + 72
45 + 74
4 + 0
48 + 20
64 + 85
30 + 10
10 + 124

スペック

33 + 0
22 + 0
15 + 0
23 + 0
27 + 0
32 + 0
21 + 0
16 + 0

ベリアルやヨハネの使徒に大切な人を殺されたため

α. 種族繁栄 ( 72 )

30歳189cm 黒豹の獣人
孤児。同じ境遇の仲間とスラムで暮らしていたが彼の喰人の能力が目覚めたのが原因でベリアルから襲撃を受け、仲間を失う。それを機に教団の庇護のもと力を発揮することになる
言葉遣いはやや朴訥で大雑把な所もあるが根は実直で繊細
エクソシストの経歴は案外長い
以前のパートナーは武術の師だった。老衰にて死去
呼び方/爺さん

案外無鉄砲な行動をするヨナを持て余し気味だったが対話を通し少しずつ理解を深めてきている
トランス中は人語を喋らないのが矜持

貧しい育ち故に読み書きが苦手
現在ヨナに頼んで教えて貰っている

最近
指令が無い日でも目の前の課題がなあ…
俺から頼んだとはいえ机に向かうのは性にあわない

対ヨナ
精神的に幼い部分があるヨナに多少不安はあるものの人としては面白いと思っているし、気が付けば雑談をするような仲になっていたのは感慨深い。
ただ、人をペットかぬいぐるみのように扱うんじゃない
もう少しデリカシーを持ってほしい(切実)

武器
 片拳【銀竜哭】竜の頭をあしらった籠手
☑両拳【   】巻くタイプのナックルダスター

----
ゆるふわ八極拳メイン中国武術マン
教団に拾われた頃(15歳位)は大変荒れていた
教団不届で郊外にセーフハウスを持つ 未だ出番はナイ…