アブソリュートスペル(魔術真名)
《未称号》空詩・雲羽
祓魔人 Lv2 経験値180 NEXT120
《未称号》ライラ・フレイア
喰人 Lv2 経験値180 NEXT120
まあ、世の中そんなものさ
《未称号》
空詩・雲羽
私の全ては雲さんのために
《未称号》
ライラ・フレイア

プロフィール

空詩・雲羽
僕のお人形さん
エレメンツ
占星術師
不明 / 陽
男性
6月17日
20歳
自分でもわからない
やや高い
細身
両利き
【左】 【右】
色白
ミステリアス
お兄さん/お姉さん
~さ、~なのさ
使わない

ステータス

18 / 18
72 / 72
6 + 0
24 + 13
6 + 9
24 + 0
1 + 0
10 + -2
13 + 0
19 + 0
10 + 7

スペック

3 + 0
12 + 0
3 + 0
12 + 0
5 + 0
8 + 0
5 + 0
6 + 0

普通に生きているよりも、楽しい人生になると考えたため

α. 自己防衛 ( 50 )

「――おいで、僕の可愛いお人形さん(マドールチェ)」

常に微笑みを張り付けた自称吟遊詩人
髪で耳が完全に隠れているので一見すると普通の人間に見える

◆名前
本名不明
普段は【雲羽(くもはね)】と名乗っている
入団時名前を記入する際「空の詩・雲の羽」と書こうとして相方に全力阻止された
【名前】自体が執着と興味の対象外

◆二人称
他:君、あんた
相手の事を名前で呼ばない
種族名でも呼ばない(相方は別)
相手の身体的特徴or性格or似合う名称+二人称
ライカンスロープの場合元となった動物名+二人称
★見た目で判断
老人:お爺さん/お婆さん
年上:おじさん/あねさん
年下:坊ちゃん/お嬢さん

■性格
軟派
楽観主義
口が軽くお喋りでたまに詩的な語り口調になる
どんな頓珍漢な事が起きても「まあ世の中そういうものさ」で片付ける
良く言えば大らか、平たく言えば適当、悪く言えば薄情
何にでも興味を示しそれなりに楽しむが熱中する程の熱量は持たない
好き:音楽・楽しい事
苦手:猫・堅苦しい事
★物拾い癖有
素敵だな、と思った物であれば例えガラス片であれ拾う
寮室は今日も“すてきなもの”で満ちてゆく

■喰人
今まで拾ったものの中で一番の“素敵なもの”
普段は「僕の可愛いお人形さん(マドールチェ)」と呼ぶ
彼女は大事な所有物であり大切な旅の友
彼女のダンスを見るのは楽しい

プロフィール

ライラ・フレイア
雲さん
マドールチェ
魔性憑き
B / 火
女性
9月10日
13歳
外見より年上
やや低い
普通
左利き
オレンジ
【左】 【右】
日本人肌
わかりやすい
貴方
~よ、~ね
使う

ステータス

41 / 41
16 / 16
14 + 10
13 + 0
19 + 9
12 + 0
2 + 0
11 + 2
18 + 0
11 + 0
10 + 10

スペック

6 + 0
7 + 0
11 + 0
6 + 0
5 + 1
10 + 0
7 + 0
7 + 0

大切な人を護る力を得るため

α. 守護友愛 ( 50 )

「もう雲さん!またこんなに溜め込んで!」

◆過去
とある魔術師の下で生まれ、魔術師の屋敷で召使として働いていたがアシッドの影響により魔術師が変質、襲われて傷を負うも命からがら逃げ伸びた
その後街の片隅で出血と魔力切れにより意識を失っていたところ、偶然通り掛かった旅人…雲羽と名乗る男に拾われそのまま彼の所有物となった

◆現在
雲羽に拾われた後は彼の付き人として彼の歌と演奏と共に独学のダンスを披露して路銀を稼いだりのその日暮らしが暫く続き、教団に入団した後は寮生活にシフトチェンジしたものの、寮母の許可を得てたまに彼の部屋を覘きに行くと「素敵なもの」と評するゴミが溜め込まれているので大体はそれの処理に追われる

■性格
奉仕体質
元々敬語だったが雲羽から「堅苦しいの苦手だから敬語禁止」と言われたので今の口調になった
公の場では流石に敬語に戻る
拾われる前はそれほどでもなかったが、雲羽の影響か感情の起伏が激しくツッコミ気質に
好き:雲羽の歌と音楽
苦手:ナメクジ等ぬるぬるした生き物

■雲羽
がらんどうになった自分に再び存在理由を与えてくれた恩人
普段は振り回されてばかりだが、そんな雲のような彼を何が何でも守りたいと思っている

名前を呼んでくれないのは少し切ないが、こちらに呼びかける際の声音が凄く優しい親愛の籠ったものなので何も言えない