竜と誼
簡単 | すべて
3/8名
竜と誼 情報
担当 oz GM
タイプ ショート
ジャンル 冒険
条件 すべて
難易度 簡単
報酬 少し
相談期間 5 日
公開日 2018-10-08 00:00:00
出発日 2018-10-16 00:00:00



~ プロローグ ~

「僕はウーベ。君たちに竜の渓谷のことで集まってもらったんだけどー、お願いしたいことがあるんだー」
 ウーベと呼んでいいよ、と朗らかに言った男は丸まると太った体型で動く度にお腹がぽよんぽよんと揺れた。
 ウーベルト・テルミンはどこもたっぷりと贅肉がついていて、顔も丸く二重顎でたぷたぷしている。天然パーマの金髪はふわふわとしているのと同じように話し口調もゆるふわとしたものだった。

「僕、他の部署だったんだけど、人手不足で引っ張られてきたんだー、これから何度か顔を合わせることもあるかな~? そのはずー、多分? まあいいや、とりあえずよろしくねー」
 司令部の人材不足を垣間見た浄化師の無言が深くなったが、ウーベルトは気にした様子もなくマイペースに話す。
「竜の渓谷から依頼があったんだー、君たちも知っての通り、先の終焉の夜明け団の事件があったよね~。今後もそういったことが起こらないとも限らないから警備体制を考え直すそうだよー」
 間延びした口調の割には内容はしっかりしたものだった。
「竜の渓谷の住人ではない外部からの視点で意見が欲しいだって~。実際に竜の渓谷に視察に行ってもらって、体感したことを報告書にまとめて欲しいんだよー」
 つまり、ウーベルトの話を纏めるとこうだ。
 先の事件で侵入経路は調査中だが、まだ不明な点も多い。警備体制を考え直したいが、内からでは気づかない点や見落としもあるだろう。なので、外の住人である教団からの目線で警備に穴がないか意見が欲しいということだった。
 ウーベルトは丸まるとしたお腹を揺らしながら説明する。
「竜の渓谷は4つの地区に分かれてるよー、一つ目はね、ニーベルンゲンの草原。海原みたいに広がる草原は初めて見たらびっくりするかもねー。悩みなんて忘れちゃいそうになる光景だよ~。今は秋だから寒くも暑くもないし、お昼寝にはぴったりだよねー。でも、ドラゴンが気づかず踏んじゃうかもしれないからできないかー……」
 ウーベルトは指折りに数えながら楽しげに語り出したかと思えば、最後にはがっかりと肩を落としていた。
「二つ目はねー、清澄の渓流。水辺を好むドラゴンや子供のドラゴンがよくいるよー。特に子ドラは好奇心が強いから遊びのつもりで突撃されて病棟送りになった浄化師もいるから気をつけてねー」
 のほほんと戦闘職である浄化師が病棟送りにされた事実をさらりと告げられる。
「三つ目ー、遊牧草原。ドラゴン達の餌である牛や鶏、羊や鹿が管理者さん達の手によって大切に育てられているよー。でも、グロいのがダメな人は止めておいた方がいいかもねー、大きいドラゴンなら丸飲みだけど、ちっちゃいドラゴンはまだ食べるのが下手だからねー」
 その言葉に勘の良い浄化師は「あっ」と察した者も多い。
「最後は竜の霊廟だよー、ドラゴン達が死した後に眠る墓地だから、とても神聖で大切な場所だよ~。ここで罰が当たるような行為をしたらダメだからねー」
 両手で罰印をつくって一生懸命に説明するウーベルト。
「ここまでで分かりにくいことがあったら聞いてねー」
 浄化師達に疑問がないことを確認すると、ふくふくとした頬を揺らしながら一度頷く。
「うん。エリアについてのお話はここまでー、竜の渓谷は広いからねー。移動手段について話すよー」
 ウーベルトはハンカチで汗を拭いながら二重顎をたぷんと揺らし話を続ける。
「ニーベルンゲンの草原にある転移方舟で移動した君たちには、ドラゴンに乗って移動してもらうよ~、ドラゴンと一緒に空を飛ぶってロマンがあるよねー。さすがに徒歩だとエリアを見て回るのは大変だからねー、こちらから管理者さんたちにお願いしておいたんだー。高いところがダメな人はドラゴンがひく馬車やソリに乗って移動するといいよー」
 長いこと話して疲れたのか机に置かれたコップから水を飲み干すと、ウーベルトは口を開く。
「移動に協力してくれるドラゴンは基本的に優しくて友好的だよー。これから竜の渓谷と仲良くする為にもお話ししてみるといいかもねー。浄化師に個性的な人が多いみたいにー、ドラゴンも色々な性格をしているよー、おしゃべりなドラゴンもいればー、長生きしているせいかマイペースだったり、ワンテンポすれたドラゴンもいるから話が噛み合わなくてもイライラしちゃダメだよー」
 のんびりと間延びした口調で話されるとどうにも眠たくなってくる。浄化師の中には眠たげに瞼が落ちそうになりそうなのをパートナーからど突かれ叩き起こされている者も中にはいた。
「まあ、そんなに堅く考えずに観光がてらに行ってくればいいよ~、報告書楽しみにしてるねー」
 こうして最後まで締まりがつかないまま、指令は発令されたのだった。


~ 解説 ~

●目的
 竜の渓谷の警備体制を考え直す為、現地を調査しよう。

●竜の渓谷について
 ドラゴンの最期の地、と呼ばれ自然豊かな渓谷で穏やかに生活しています。竜の渓谷の周囲には、谷底を除き周囲に教皇国家アークソサエティと同様に防壁が存在しています。
※プランには「A地区を調査する」「Aに行く」と書かれていれば、地区名を全部書かなくても大丈夫です。

A.ニーベルンゲンの草原
 多くのドラゴン達が、及び管理者達が拠点を置いている草原。
B.清澄の渓谷
 竜の渓谷の中心に存在する渓谷の、最下部に存在する川。
C.遊牧草原
 ドラゴン達の餌、管理者達が口にする家畜達が育てられている草原。
D.竜の霊廟
 ドラゴン達が、数多く眠る墓地のような場所。

●視察について
 教団とリントヴルム一族・協力者のデモンが管理及び警備を担っています。その人達から話を聞いたり、ドラゴンの言葉に耳を傾けるのもいいかもしれません。
 竜の渓谷内では、徒歩だと時間が掛かるのでドラゴンに乗って移動、ドラゴンがひくソリや馬車に乗って移動します。
 4つの地区があるので仲間内で分担して、視察するといいでしょう。

●転移方舟について
 薔薇十字教団本部のエントランスから竜の渓谷には「転移方舟」を利用します。転移したらニーベルンゲンの草原にある3階立て大きな建物の地下1階に出ます。


~ ゲームマスターより ~

 ここまでプロローグをお読み下さりありがとうございます。
 ドラゴンに乗って空を飛ぶのは気持ちよさそうです。ドラゴンと空を飛ぶのはロマンですよね!
 今回のエピソードは視察という名のドラゴンとの交流でもあり、真面目に警備体制について考察及び調査してもいいです。もちろん竜の渓谷内を観光してもいいので、ご自由にプランをお書き下さい。



参加者一覧
ラウル・イースト
男性 / 人間 / 悪魔祓い
ララエル・エリーゼ
女性 / アンデッド / 人形遣い
ルーノ・クロード
男性 / ヴァンピール / 陰陽師
ナツキ・ヤクト
男性 / ライカンスロープ / 断罪者
杜郷・唯月
女性 / 人間 / 占星術師
泉世・瞬
男性 / アンデッド / 狂信者



作戦掲示板

[1] エノク・アゼル 2018/10/07-00:00

ここは、本指令の作戦会議などを行う場だ。
まずは、参加する仲間へ挨拶し、コミュニケーションを取るのが良いだろう。  
 

[15] ララエル・エリーゼ 2018/10/15-20:05

む~(目をうろうろさせ)
ナツキさんがそう言うなら…尻尾同盟存続です!

ラウル:(これは良いのか? 悪いのか…)  
 

[14] ナツキ・ヤクト 2018/10/15-12:33

そうそう、気になるとこ見に行くのが一番だって!
興味ある場所の方が、色々気が付けるかもしれないしな。

あー、確かに尻尾はよくさわられるような気がするな。
ライカンスロープの尻尾って気になるのかもなー

ルーノ:…その尻尾の同盟が解散の危機に陥っているよ

ええっ!?
落ち着けララエル!尻尾は逃げないから順番だ、順番!  
 

[13] 杜郷・唯月 2018/10/15-06:26

わ!あ、ありがとう……ございます……!(紅茶を受け取り)
…………ホッ……(温かい紅茶が身に染みます)

そ、そうですか……?
い、いいえいえ!!そんなそんな!!
じゃあお言葉に甘えて……改めてニーベルンゲンの草原に行ってみようかと。
が、頑張りましょうね……!  
 

[12] ラウル・イースト 2018/10/14-21:56

唯月さん、師令書には、観光のつもりでも
大丈夫とありますから、行きたい所へ行かれて大丈夫だと
思いますよ(紅茶を差し出し)
僕のほうこそあちらこちらへ行って、申し訳ないです。

ララエル:モフモフ同盟解散の危機です!  
 

[11] 杜郷・唯月 2018/10/14-17:29

あっ!
皆さんの行先見落としてしまっていましたね……すみません……。
おそろいと言って頂けて嬉しいですが……手分けした方が良いようですから
えっと……清澄の渓谷が……良いんでしょうか、ね……?

瞬「ライカンスロープの皆は大体どこで見てもモフられてる気がするね〜
見てて和むなぁー」(のんびりと勝手に癒されていた)  
 

[10] ラウル・イースト 2018/10/13-23:07

あっ…すみません、もう少しだけ…
(この艶、この手触り…シャンプーは何を使ってるんだろう?
コンディショナーは何を…)

凄く…その、気持ちよかったです。
ありがとうございます、ナツキさん。

ララエル:ラウルばっかりずるいです!
尻尾同盟解散の危機です!  
 

[9] ナツキ・ヤクト 2018/10/13-19:57

唯月と瞬もよろしくな!
ニーベルンゲンの草原もいいよな、のんびりできそうで!
ちょっとくらい昼寝できねぇかなぁ、ドラゴンの背中とかでさー…調査?大丈夫わかってるわかってる!

お、ラウルもういいのか?
またさわりたくなったらいつでも言えよな!尻尾同盟なんだから遠慮しなくていいんだぜ!(サムズアップ)

ルーノ:尻尾同盟とは一体…(苦笑しつつ遠巻きに見守り)  
 

[8] ララエル・エリーゼ 2018/10/13-12:35

唯月さんと瞬さ~ん!(手をフリフリ)
今回も宜しくお願いしますね!

ニーベルンゲンの草原、おそろいですね!
えへへ、頑張りましょうね♪  
 

[7] 杜郷・唯月 2018/10/13-11:03

こんにちは……杜郷・唯月と
隣の方は泉世・瞬さんです。よろしくお願いします。

わたし達の行先はそうですね……
ニーベルンゲンの草原が良いでしょうか……。
(ケモな話題には微笑ましいなぁと眺めつつ)  
 

[6] ラウル・イースト 2018/10/11-16:55

少し考えたのですが、ドラゴンと話したい事が
できたので、ニーベルンゲンの草原にも足を運んで
みようと思います。

ええっ!? 僕もナツキさんの尻尾を!?
(実はもふもふ好き)
うずうず、うずうず…じゃ、じゃあちょっとだけ…
(揺れる尻尾に触れ、もふもふする)
はあ…幸せだ…、…!? ってすみません、つい…

ララエル:ラウルもこれでナツキさん尻尾同盟ですね(にっこり)  
 

[5] ルーノ・クロード 2018/10/11-12:56

こんにちは、ラウル、ララエル。
ああ、気にする事はないよ。あの通り本人も嬉しそうだからね。
気が向いたらどんどん構ってやるといい。

私達は、遊牧草原に行ってみるよ。
…できるだけきれいに食事をしてくれている事を祈ろう…  
 

[4] ナツキ・ヤクト 2018/10/11-12:56

よーう!二人とも、今回もよろしくな!

相変わらずだな。うん、よし!(元気そうな姿を見て安堵)
おーそっかそっか、尻尾を褒められて悪い気はしねーな!
ラウルもさわっていいんだぜー!(わははと笑って尻尾を振ってみせ)  
 

[3] ララエル・エリーゼ 2018/10/11-03:45

わぁい、久し振りのナツキさんのもふもふですー♪
(ナツキさんの尻尾にシャッと飛び付き)
えへへ、気持ちいいですー…

ラウル:ララ、やめろって。前から言ってるけど、ナツキさんに失礼だろ。
すみません、ナツキさん、ルーノさん…
ナツキさんの尻尾が相当気持ち良いみたいです…(頭抱え)  
 

[2] ラウル・イースト 2018/10/11-00:22

こんにちは、ラウルと、隣のパートナーはララエルです。
僕たちは、竜の霊廟へ向かう予定です。
ララエルが、視察の他にやりたい事があるそうなので。
やりたい事…何だろう?