《悲嘆の先導者》フォー・トゥーナ Lv 41 女性 ヒューマン / 墓守


司令部は、国民から寄せられた依頼や、教団からの命令を、指令として発令してるよ。
基本的には、エクソシストの自由に指令を選んで問題無いから、好きな指令を受けると良いかな。
けど、選んだからには、戦闘はもちろん遊びでも真剣に。良い報告を待ってる。
時々、緊急指令が発令されることもあるから、教団の情報は見逃さないようにね。


君が好きなもの、なぁに?
とても簡単|すべて

出発 2018-09-25

参加人数 3/8人 北野東眞 GM
 今日も今日とて指令を受けにエントランスへと行くと、いつもは指令発行受付口にいるロリクと、調査員のユギルを見つけた。  この二人は浄化師兼夫婦だ。現在は第一線をひいて仕事がそれぞれ異なるため、一緒にいないことが多い。  そのため、こうして二人で一緒にいるところを見るのは稀だ。珍しい。 「ほら、お前の好物のおにぎりにおかかいれといたからな。腹が減ったら食えよ」 「うむ。うむ。うむ!」  ロリクが差し出す包みをユギルが嬉しそうに受け取っている。  あー、お仕事で遠方に行くユギルさんの見送りかぁ。  お弁当を渡していていいなぁ。  浄化師たちが微笑ましく見ていると。 「む。子らか。……指令を受けにきたか? 精進するとよい。……この弁当は吾のぞ」 「誰もとらねぇよ。お前ら、ちょうど、護衛の指令があるんだ。それをまわしたい。今日中には終わる依頼だから、そこまで張り詰めなくていい。ただ昼までかかるから弁当もっていけよ?  あ、そういえば、お前らってパートナーの食の好みとか知ってるのか?」  ロリクがなにげなく口にした言葉に、それぞれ顔を見合わせる。  食の好み……。 「その顔だとないみたいだな。まぁ、ほとんどの浄化師たちが寮生活だもんなぁ。料理長がいろいろと用意していつもおいしいもの食べられるからなぁ。……今回回す指令、実は出発まで時間の余裕があるし、今日の昼は互いに弁当作って食べさせあいしてみたらどうだ? 相手が普段どんなものを食べているのか、食の好みを知るってのはわりと大切だぞ~」
シェガー・ナイト・パーティ
とても簡単|すべて

出発 2018-09-26

参加人数 8/8人 北野東眞 GM
 おんなのこはなんでできているの?  それはね、甘い、甘い砂糖菓子で出来ているの! ●  今回の指令は女子限定なんだ、とロリクが口にした。  え、俺らいますけど……とパートナーと一緒にきた男性陣は困惑した。 「まぁ聞け。今回お前らに行ってほしいのは、とある屋敷だ。  その屋敷の前の持ち主はさる貴族で、一人娘がいたんだが、病弱な少女は病であっけなくなくなった」  病弱である少女は一度も屋敷の外と出たことがなく、広い世界を自分の部屋の窓から眺めて過ごしていた。  少女が知るのは窓からの変わる季節と本で得た知識、たまに聞こえる外の楽しそうな音ばかり……。 「その貴族は娘がなくなった悲しみに屋敷を手放した。その屋敷は多くの人の手に渡ったが……そこから問題が起こった。  その屋敷には少女の呪いがかかっていたんだ。呪いといっても些細なものだ。  ときどき少女の笑い声や歌声、ものが移動していたりとかわいらしいものだが、このままでは不気味がって屋敷に持ち手がつかなくなる。  で、お前らの出番だ。今回、お前らにしてほしいのは、ずばり! 女子会だ」  はい?  真面目に聞いていた浄化師たちは目をぱちぱちさせる。 「つまりな、この女の子は友達がほしかったのさ。その友達と遊んだり、甘いお菓子を食べたりしてみたかったのさ」  けど、どうして女子会?  もし楽しい経験やそんな雰囲気を出すなら男性がいてもいいんじゃないの? と当然の疑問。  そして男性陣たちもそうだそうだと視線を向けてくるのにロリクはため息をついた。 「それがな、どうもその死んだ少女はシャイらしいんだよ。男がいる、とかそういう気配があると物音も笑い声も一切聞こえないんだ。  そら、まぁ、死ぬまで狭い部屋にいて外を眺めていたんだから知らない男がいたらびっくりしちまうだろう。  つまり、この女の子は同性のお友達と過ごしてみたいっていう気持ちがあったのさ」  ああ、そういうことか。 「今回お前たちはこの屋敷に泊まり込んで、女子会をする。ここに集まったメンツで好きなように遊べばいい。  ときどき笑い声や歌声やいたずらがあっても、それは女の子が一緒に楽しんでいるのだと受け止めてやれ。  楽しい思い出があれば、この子の呪いも消えるだろう。で、ここに集まった男性たちは昼間に女性陣がある女子会の準備の手伝いがメインだな。  あとは邪魔にならないように、端っこで男子会でもするか? うわ、むんむんしてそうだな」  失礼なー。いや、むんむんしたくない。男同士だって楽しいんだぞ。きっと、たぶん。 「はいはい。じゃあ、女性陣はどんなパーティをするのか計画して、買い出しやら準備をしてくれ。で、残った野郎ども、お前たちには別件がある」  なんですか、もう男同士、むんむんした男子会の準備でもしますよっ! 「男子会ってのは方便だ。女性陣に気付かれたらいけないからな。お前たちにはこっそりと屋敷の外で護衛をしてほしい」  護衛? 「実は、この屋敷に目をつけた終焉の夜明け団の魔術師がいる。そいつはこの屋敷の呪いを悪意で染め、利用しようとしているようだ。  たぶん、女子会を邪魔してくるだろう。お前たちはそんな悪党を陰ながら退治してほしいんだよ。  今回、女性陣は女子会……武器なんかは持たずに楽しむことで、浄化することに専念してもらう。だからこの護衛のことは内緒な?  だって、護衛されてるって知ったら、心から楽しむどころじゃないだろう?  それだと、たぶん、女の子の呪いは浄化できない。嘘偽りのない幸せな一夜が必要なんだ」  真剣に言われて男性陣たちは顔を見合わせる。なんか思った以上にこれってすごく重要な立ち位置じゃ? 「パートナーには内緒の任務、まぁ、せいぜい頑張って隠し通して指令を遂行してくれよ?」 ●  埃をかぶった屋敷のなかで女の子の声がする。  おんなのこってなんでできているの?  それはね、すてきなすてきなものでできているの!
夏の残響、小さな秋
とても簡単|すべて

出発 2018-09-24

参加人数 5/8人 月村真優 GM
例えば、朝早くに目が覚めた時。寝具の温もりを名残惜しく思うようになっていた、とか。 例えば、家を出ようという時。あれほど大音響で暑苦しく夏を謳っていた蝉の合唱が聴こえなくなっていた、とか。 例えば、ふと青空を見上げた時。うずたかく湧き上がる入道雲の代わりに、柔らかく薄く広がる鱗雲を見つけた、とか。 例えば、窓から道行く人の装いを眺めた時。いつの間にか長袖を多く見かけるようになり、彼らの纏う色合いも移り変わっていた、とか。 例えば、夕餉を何にするか考えながら影長く延びる帰路を急いでいた時。ふと、きのこシチューの匂いが鼻についてメニューが決まった、とか。 例えば、灼けつくような夕陽に胸を衝かれた時。ああこの時間にもう日が暮れるのだ、と時計に告げられた、とか。 例えば、夜空の月を二人で眺めた時。冷えた夜風に身を寄せ合って、ふと静けさが通り過ぎた時、響く虫の唄声が周囲を包んでいた、とか。 色々なきっかけがあるだろう。様々な光景が、音が、味わいが、香りが、肌に触れる涼やかさが、一つの事実をそれぞれのやり方で告げている。 秋の到来だ。 まだ紅葉には早く、夏の名残はまだまだ残っている。それでも日を重ねるごとに、確実に薄れていくだろう。 この夏はあなたたちにとってどんな夏だっただろうか。やり残した事はないだろうか。 この秋はあなたたちにとってどんな秋になるだろうか。やりたいことはなんだろうか。 少し、考えてみるのも悪くない。
お薬飲めるかな?
とても簡単|すべて

出発 2018-09-26

参加人数 2/8人 あいきとうか GM
 竜の渓谷とは、ドラゴンたちにとっての楽園だ。  管理者たちによって守られるその地では、様々な年齢のドラゴンたちが優雅に暮らしている。  そう。幼体のドラゴンも、数多くいるのだ。 「あれらもどうやら、ヒトの子とさして違わぬらしいのう」  疲れがにじむ声で、浄化師ユギルは言う。 「なにはなくとも知恵熱を出す。幼体と言うても、もうずいぶん生きておるはずじゃが、それはそれ」  明確な理由のひとつもなく、幼いドラゴン数体が一斉に知恵熱を出した。  とはいえ管理者たちもこの程度のことで慌てたりしない。なにせ祖先の代から幾度も発生してきた、よくある幼体ドラゴンの体調不良だ。成体のドラゴンでも、たまに風邪をひいたいりするのである。  慌てず騒がず、改良に改良を重ねた薬を管理者たちは知恵熱を出した幼体ドラゴンらに与えようとして、拒絶された。 「これまではそのようなこと、なかったそうじゃが。ほれ、事情が変わったからのぉ」  幼体ドラゴンは、浄化師を知ったのだ。  例の事件以後、薔薇十字教団と竜の渓谷の結びつきは一層強くなり、要請があれば浄化師が現地に赴くようになっている。  同族と管理者しか知らない幼体のドラゴンたちは、箱庭でもある楽園の外からやってくる人々に、興味津々なのだ。 「そういうわけで、吾らが赴いたのじゃが……。油断しておった。幼体と言えど、竜は竜じゃ」  ユギルのパートナーであるロリクは、幼体ドラゴンの歓喜の突進を食らって全治五日の負傷。  同行していた他の浄化師たちも、それぞれ知恵熱を出している幼体ドラゴンたちの歓待を受けて、即座に病棟送りになった。  かろうじてユギルだけが五体満足で逃げ帰れたのだ。 「よいか、可愛い子らよ。くれぐれも気をつけて、仔竜どもに薬を飲ませるのじゃ。でなければ間抜なロリクの二の舞……ぷ、くすくす。おっといかん、本音が……。あれは、管理者らの手からはどうしても飲まぬと駄々をこねておる。吾らに構うてほしいのじゃろう」
タランテラの舞踏祭
簡単|すべて

出発 2018-09-28

予約人数 0/8人 柚烏 GM
 ――そこかしこで焚かれた篝火が、天を焦がすようにあかあかと燃えている。  頭上に重くのしかかる暗夜を祓う為に。或いは闇に乗じて忍び寄る、冷たい死の腕を振り払う為に。 (ああ、どうかこれ以上、大切なひとを連れていかないで)  毒蜘蛛にも例えられた疫病を、ひとびとは踊ることで鎮めようとした。踊って踊って踊り狂って、毒にその身が侵されてもなお、苦しみながら踊り続けた。 (……運命に逆らえぬのなら、せめて最期まで共にいさせて)  切ないまでの激情を抱いて、踊り続けた恋人たち――そんな彼らの想いが奇跡を生んで、病は街から姿を消したと言われている。  タランテラの舞踏と語り継がれるそれは、今は賑やかな舞踏祭となって、ひとびとに希望を与えているのだ。 「場所はルネサンス南部、農業が盛んな街になりますね」  教皇国家アークソサエティにある、薔薇十字教団本部に持ち込まれた依頼のひとつを、ゆっくりと教団員が読み上げる。  ――タランテラの舞踏祭。そう呼ばれる祭りが近々開催されるので、是非エクソシスト達の力を借りたいと言うのが依頼の内容だった。 「篝火を焚き、夜を徹して祭りが行われて。街は音楽に包まれ、ひとびとは踊り、歌い、隣人と語り合う……とても賑やかな雰囲気のようですね」  とは言え、祭りの発祥は哀しいものだ。嘗て流行り病が街を襲い、次々にひとびとが命を落としていった。蜘蛛の毒に例えられたその疫病を鎮める為に、皆で踊り続けたのがそもそもの始まりだと言う。  ――しかし、病の勢いは止まらなかった。そうして病魔に蝕まれた恋人たちが、最期まで共に居たいと夜を徹して踊り続けた。 「その互いを想う気持ちが、奇跡を生んだと言われています。夜が明けた時、ふたりの身体からは病魔が去り、以降『蜘蛛の毒』で倒れる者は出なかった、と」  あくまで伝承に過ぎないが、この逸話を元にして、疫病を鎮める為に祭りが行われるようになり――そして今は、恋人たちの絆を深める意味も込められるようになったのだとか。 「大切なひとと一晩中踊り続ければ、ふたりの絆は確かなものになるとかで。この祭りで意中の相手に告白したりする方も、居るようですね」  ヨハネの使徒にベリアルと、ひとびとを襲う脅威も大きい昨今――世界の救済を遂行する浄化師の皆に、是非とも祭りに参加して希望をもたらして欲しい。要約すると依頼は、そんな感じのもののようだった。 「契約によって結ばれた、喰人と祓魔人……。そこに、運命的なものを感じずにはいられないでしょうし、ね」  舞踏祭に参加するにあたっては、蜘蛛の意匠があしらわれた装束を纏って踊ること。そして、ふたりの絆を現わすような演出を加えて欲しい、とのことだ。 「例えば、ヴァンピールの方でしたら、毒を吸い出すような口づけを。デモンの方なら身体能力を活かして、パートナーを抱えて華麗に跳躍してみたりだとか。色々工夫してみるのも良いと思います」  ――何より一番大切なのは、心から祭りを楽しむこと。最後にそう言って、教団員は依頼の説明を終えたのだった。 (踊る、踊る)  ああ、死がふたりを分かつまで。どうかあなたは、この手を離さないでいて――。
泣き止まぬあなたの頬にキスひとつ
普通|すべて

出発 2018-10-04

参加人数 0/8人 瀬田一稀 GM
 突然の雷雨は、あっという間に山道を、泥の川へと変えてしまった。  馬車の車輪がぬかるみにはまり、動かなくなってしばし後。  御者は申し訳なさそうに、エクソシストたちに言った。 「今日はこれ以上は勧めません。近くに村がありますから、そこで宿をとりましょう」  とはいっても、小さな宿はすでに満杯。  指令の帰り。団服を着たエクソシストたちは、各ペアごとに別れ、村人たちの家に泊まることとなった。  馬車をおき、徒歩で村に来るまでの間に、体は濡れ、冷え切っている。  パートナーは、部屋にある暖炉と薪を見、ほっと安堵の息を吐いた。 「ああ、ありがたいな。これで濡れた体もあたたまる」  だがあなたは、部屋の片隅に座り込み、黙り込んだまま。 「なぜ黙っている? あれが、お前のミスだと思っているのか?」  ――思っている。でも、言えない。 「指令は無事完了したんだ。気に病むな」  パートナーがおこした火が、暖炉の内で、ぼっと燃えた。  彼が、振り返る。 「さあ、こちらへおいで。そこでは、火のぬくもりは届かないだろう」  あなたは、いやいやと首を振った。 (だって、本当ならば、この指令はもっと早くに片がつくはずだった。私が、あんな失敗をしなければ)  ゆっくりと近付いてくるパートナー。  彼はあなたの隣にしゃがみこみ、涙に濡れた顔を覗き込んだ。 「考えるなと言っても、無理なんだろうな。何をしたら、お前は泣き止む? こうして抱きしめればいいのか? あるいは、ひとつきりのベッドで添い寝をして、寝かしつけてしまえばいい? 教えてくれ。俺は、どうしたらいいんだ?」