アライブ            

アライブ」とは、「べリアル」や「ヨハネの使徒」と交戦するために、教団が開発を行った魔術技術である。
この魔術技術は、開発した魔術師が様々な名称を付けており、日々魔術式の構築が進められている。
高位の魔術師や、魔術のセンスを持つエクソシストなどしか扱うことができない。
自身と護りたいものを生き・生かすことを誓うという意味を込め、アライブと名付けられたようだ。

  断罪者(だんざいしゃ) / ジャッジメント            

概要
敵を斬り捨て、叩き斬ることを得意とするアライブ。
剣の扱いに長けており、ヨハネの使徒の硬い身体をも斬り裂く。

教団内で断罪者が、罪人の処刑に使用していた剣術を戦闘用に改良した魔術技術である。
断罪者として熟練した者の剣は、罪人の首を地面に落とすことなく両断し、絶命させてしまったという。
戦闘用に改良されてからは、様々な技巧が用いられることになったが、剣を生かした攻撃の強力さは健在。

戦闘スタイル
・得意武器 : 片手剣、双剣、両手剣
・得意配置 : 前衛

通常攻撃「断罪(だんざい)」
近距離・単体の敵に与える攻撃。
イレイスによって敵を斬りつける。

ジャッジメント
Illust:辰馬大助
  拷問官(ごうもんかん) / トォーメンタル            

概要
敵を圧砕し、両断することを得意とするアライブ。
攻撃力の高さはすべてのアライブの中で頂点を争うほどで、斧や鈍器を使用し、敵を力でねじ伏せる。

拷問官が使用していた、効率的に自白を引き出す技術を戦闘用に改良した魔術技術である。
改良されたことで、じわじわとした恐怖や苦痛を与えるよりも一撃で敵を粉砕することを得意とするようになり、
ベリアルやヨハネの使徒を破壊することを信条としている。

戦闘スタイル
・得意武器 : 片手斧、両手斧、片手鈍器、両手鈍器
・得意配置 : 前衛

通常攻撃「破砕撃(はさいげき)」
近距離・単体の敵に与える攻撃。
イレイスによって敵を圧砕する。

トォーメンタル
Illust:真野ニコ
  墓守(はかもり) / グレイヴキーパー            

概要
代々墓を守護してきた歴史を持ち、自らが護ると決めたものを守護する誇り高きアライブ。
どんな攻撃も受け止める、強固な守備を得意とする。

死した一族の墓を守護し、いかなる敵の進入を許さなかったという防御技術を改良した魔術技術である。
護る者のためには一歩も退かないその防御技術は、戦闘用に改良されたことでより一層堅牢なものとなった。
スコップを思わせる特殊な大鎌を、敵を切り刻むのではなく護るべき者のために操っている。

戦闘スタイル
・得意武器 : 大鎌、小型盾、中型盾、大型盾
・得意配置 : 前衛

通常攻撃「命削り(いのちけずり)」
近距離・単体の敵に与える攻撃。 イレイスによって、敵を弾き飛ばす。

グレイヴキーパー
Illust:しま練
  人形遣い(にんぎょうつかい) / マリオネッター            

概要
魔力が練られた糸「魔力糸」を使い、人形を自在に操るアライブ。
操る人形は様々ですが、時には自らの手足のように、また時には自分の分身のように操り戦う。

元々は、魔術師の国家資格を持つ大道芸人が、曲芸として使っていた技術である。
その経歴と、敵を翻弄する戦い方を得意とすることから、戦場の曲芸師などと呼ばれることもあるという。
トリッキーな攻撃は敵の意表をつき、時には味方ですら欺くような技を披露する。

戦闘スタイル
・得意武器 : 人形
・得意配置 : 中衛

通常攻撃「操裂糸(そうれつし)」
中距離・単体の敵に与える攻撃。
人形を操り、敵に攻撃を加える。

マリオネッター
Illust:元義くじら
  悪魔祓い(あくまばらい) / デビルイーター            

概要
ベリアルを率先して殺すことに特化したアライブ。
単純な射撃だけではなく、弾丸や矢に魔術を組み込むことで、非常に高い破壊力を生み出す。

元々は生物を捕らえるハンターの技術であったが、ベリアルが出現したことで多数の仲間が命を落とし、
ベリアルに対して効果的な攻撃方法を模索している内に、戦闘用の技術に転化していったという。
イレイスが現れたことでベリアルを滅ぼすことができるようになってからは、殺意を含む攻撃にさらに磨きがかかった。

戦闘スタイル
・得意武器 : ボウガン、狙撃銃
・得意配置 : 後衛

通常攻撃「デス・バレット(です・ばれっと)」
中距離・単体の敵に与える攻撃。
イレイスによって、敵に中距離から矢・弾を放つ。

デビルイーター
Illust:天羽
  占星術師(せんせいじゅつし) / マギ            

概要
かつては星を読み自然災害の予知などを行っていた占星術を、敵を滅ぼす魔術に変貌させたアライブ。
タロットカードに魔力を送り込むことで、戦闘に役立つ多種多様な魔術を使うことができる。

占星術師が使用していた占星術であったが、予知を行ってもそれ以上の被害がベリアルやヨハネの使徒によって引き起こされることから、
「占った内容を事実としてしまえば、それは完璧な占いである」として、次第に戦闘用技術と変化していったという。
しかし、占うこと自体が好きな者も多く、占星術師達は今でも時々、街の裏街道で占い師として一儲けしていたりするようだ。

戦闘スタイル
・得意武器 : 占星儀
・得意配置 : 中衛

通常攻撃「タロット・ドロー(たろっと・どろー)」
中距離・単体の敵に与える攻撃。
イレイスによって、敵に中距離から放つ。

マギ
Illust:なゆたろ
  狂信者(きょうしんしゃ) / ファナティック            

概要
魔術の開祖「アレイスター・エリファス」に強い尊敬を抱き、その魔術を鍛錬・追及し続けるアライブ。
使役する魔術は多岐に渡り、中でも敵を討ち滅ぼすことに特化した魔術は非常に強力。

アレイスター・エリファスに魔術を教わった者達によって構築された魔術式が、戦闘用に変化し生まれた技術である。
魔術への知識欲と探究心は尽きることなく、彼等の研鑽によって次々と魔術式の構築が行われている。
魔術的な研究を行う際に、研究員として携わることもあり、様々な知識に精通している者も多い。

戦闘スタイル
・得意武器 : 片手杖、両手杖、片手本
・得意配置 : 後衛

通常攻撃「暗澹魔弾(あんたんまだん)」
中距離・単体の敵に与える攻撃。
イレイスによって、敵に中距離から魔術の弾を撃ちつける。

ファナティック
Illust:ちはなえ
  陰陽師(おんみょうじ) /  シャーマン            

概要
超自然的な魔術を体現し、自らや味方を治癒・支援する魔術を得意とするアライブ。
回復や防御に長けたその能力は、長期戦になる場合には必須といえるだろう。

神託者、霊媒師、シャーマンなどとも呼ばれ、魔術が生まれるよりも前より祈祷などに使用されてきた。
現在は魔術式に基づき構築されており、戦闘用としてはもちろん、救護などにも活用されている。
地域や国によっては、現代においても強く信仰されている存在である。

戦闘スタイル
・得意武器 : 片手杖、両手杖、呪符
・得意配置 : 後衛

通常攻撃「九字・急急如律令(くじ・きゅうきゅうにょりつりょう)」
中距離・単体の敵に与える攻撃。
イレイスによって、中距離から両手の爪で九字に切り裂くような衝撃を与える。

シャーマン
Illust:山神さやか
  魔性憑き(ましょうつき) /  バトルダンサー            

概要
戦場において踊るように戦い、敵・味方を魅了するアライブ。
まるでアイドルやダンサーのような様相だが、その力は本物。

元々は戦闘には適さない大道芸の一種であったが、踊りを極めた先人たちによって戦うための踊り「舞踏」が生み出され、
ベリアルやヨハネの使徒に対抗し得る魔術技術となった。
数奇な戦闘方法だが、死地で戦う彼等の覚悟は驚嘆に値する。

戦闘スタイル
・得意武器 : 短剣、片拳、両拳
・得意配置 : 中衛

通常攻撃「舞踏(ぶとう)」
近距離・単体の敵に与える攻撃。
イレイスによって、踊るように敵を切りつける。

バトルダンサー
Illust:蒼林かりや