土斑猫 GM

こちらにて、

NPC、「セルシア・スカーレル」と「カレナ・メルア」の戦闘補助スキルの繊細

及び

サイドストーリーの掲載を行っております。

ご興味ある方は、どうぞどうぞ。



メッセージ・インフォメーション等

 自分の運用するNPC、『セルシア・スカーレル』と『カレナ・メルア』のPC補助スキルの概要等を掲載しております。
 このスキルは二人が介入するエピソードに置いて、自由に戦略に組み込む事が出来ます。

 参考の上、ご活用ください。

 
 スキル名:『叛逆の羽風(イカルス・アルビオン)』
 
 所持者:セルシア・スカーレル

 【効果】
 
 一回の戦闘において一回、対象PC(複数可)の全ステータスの基本値を3ラウンドの間、2倍にする。
 効果終了後、該当PCのステータスは2ラウンドの間、基本値の半分になる。




 スキル名:『開闢の獣牙(フォールティア・デンス)』

 所持者:カレナ・メルア

 【効果】

 指定ターン、全キャラクターの行動に優先して発動。
 敵一体を対象に指定。全ての防御系能力及び防御力を3ラウンドの間、無効化する。
 一回のエピソードにおいて、使用出来るのは一回のみ。


 ……と言う具合になります。
 使用方法においては、二人が介入する事が名言されているエピソードにおいて、作戦掲示板或いは代表者(羽風の場合は、効果付与希望者)のプランにおいて、使用する状況と共に明記ください。

 以上になりますが、不明な点等あればエントランス及び作戦掲示板でどうぞ。
 こちらに追記する形で対応いたします。
 


作品一覧

【神契】弔いの氷精
参加人数 8 / 16人

【神契】天津神の旅風(たびかぜ)
参加人数 6 / 8人

【神契】命の姫は、想い抱いて光を醸す
参加人数 6 / 8人

神々の扉
参加人数 9 / 16人

二つ星
参加人数 6 / 8人

命、光
参加人数 7 / 16人

行 き 止 ま り
参加人数 7 / 8人

オーバーフロー・ハート
参加人数 8 / 8人

母の詩(うた)
参加人数 8 / 8人

タナトス
参加人数 8 / 8人

【雑魔】極甘(ごっかん)の恐怖
参加人数 3 / 8人

残滓の館
参加人数 8 / 8人

星送り
参加人数 8 / 8人

慟哭の鎮魂歌
参加人数 8 / 8人

災いの眠る谷
参加人数 8 / 8人

微睡みの狂想
参加人数 7 / 8人

違える絆
参加人数 8 / 8人

【友好】桜の宴
参加人数 4 / 8人

暗闇の哄笑
参加人数 6 / 8人

木漏れる光の子守歌
参加人数 6 / 8人

上弦の夢
参加人数 4 / 8人

【神捧】朱染の聖夜
参加人数 3 / 8人

【神捧】琥珀色の闇
参加人数 4 / 8人

無邪気という名の悪夢
参加人数 2 / 8人

灰色空の道
参加人数 2 / 8人


リンク・ファンレター


サンプル

神巡り⑤ 『桜花の麗精・珠結良之桜夜姫(たまゆらのさくやひめ)』

 ひぃいいい!
 その名を口にした瞬間、周りに傅いていた使い魔達が一斉に姿を消した。
「あらら……?」
「皆、逃げちゃった……」
 伽藍となった殿の中を見回し、呆気に取られる『セルシア・スカーレル』と『カレナ・メルア』。
「来るなり、嫌な名前を出すのう」
 桜の花弁で彩った十二単の少女神、『珠結良之桜夜姫』はそうボヤいて溜息をついた。
「そんなヤバイの? 『イザナミ』って奴」
「知っとるから、ここに来たんじゃろうが」
 カレナの言葉に、阿呆でも見る様な視線を向けて、また溜息。

 ここは、東方島国ニホン。セルシアとカレナは擬似八百万『イザナミ』の事を知るために、この極東の島国を訪れていた。
 この地で生じたと言うかの存在。知るは恐らく、ここに住まう古き八百万達。選んだのは、かつて教団と縁を結んだ彼女の元。

「全く。助力はすると言ったが、よもや『伊佐波』絡みで来るとはなぁ」
 幾度目とも知れない溜息つきつき、桜花の化神は話し始める。
「取り敢えず、真名じゃな。覚えとけ。『黒死の虚神(うつがみ)・伊佐波(いざなみ)』それが奴の真名じゃ。真名は言霊。『その時』に、役に立つ」
「黒死の……」
「虚神……」
「まあ、母う……なんじゃもんじゃ様が即興でつけたんじゃがな」
 そう言って、茶で喉を湿らせる桜夜姫。華の香気が、白い湯気と共に流れる。
「アウナス(引き篭り)から多少は聞いたと思うが、正しく。奴は死と言う概念そのもの。妾達、生命由来の八百万とは根本的に異なるものじゃ。正味、妾達から見ても真性の『バケモノ』じゃよ」
 立ち昇る湯気。伽藍とした殿の中を漂う。
「見ての通り、下っ端連中はその名にさえ『死』を感じて逃げおる。其方らの同胞ども、よう小便漏らさんかったな」
「皆、そんな弱虫じゃないもん」
 フンス、と胸を張るカレナ。苦笑する。
「奴が生じたのは、今より600年以上前の時代じゃ。その頃、『地獄』で何やら面倒事があってな」
「地獄?」
「いめえじくらい出来るじゃろ? その程度の認識でいい。とにかくそこでゴタゴタがあって、顕界(こっち)まで影響を受けた。で、気がついたら奴がいた」
 うむ。と頷く桜夜姫。セルシアとカレナ、ポカン。
「何それ?」
「気がつかなかったの?」
「こっちじゃって後始末で大変じゃったんじゃ。細かいトコまで、気にしとれるか」
「え~? 何それ~? 職務怠慢じゃ~ん」
「結構、適当だよね。八百万(あんた達)……」
「やかましい! あんまり不敬すると話すの止めるぞ!」
 姫の我儘気質は聞いてるので、取り敢えず黙る二人。
 で、気を取り直して再開する姫。色々、めんどくさい。
「とにかくなぁ、大変だったんじゃ。最初は一匹の告死蝶だったんじゃが。知っとるじゃろ? 奴ら、一匹一匹が召喚式を内蔵しとる。あっという間に増殖しおってな。あちこちで死をバラ撒き始めおった」

 曰く、それは凄まじい様相だったと言う。
 当時のソレは邪視などは持っておらず、文字通り蝶そのものが『死』だった。舞い飛んだ後。落ちた燐に触れたモノ。落とそうとした者。全てを死に至らしめながら、蝶の群れは数を増やしていった。

「とは言っても、この国の一部だけの事じゃからなぁ。外の連中は知らんだろうよ。海の向こうで何が起ころうと、大概の人間には知ったこっちゃなかろうし。それでいい。だが、ニホン(ここ)の八百万(妾達)はそうはいかん」

 基本、命の代表者である八百万達。このまま放っておけば、ニホンの命が死に絶えると判断した八百万中心に、近隣の者も力を合わせて蝶の調伏を試みた。
 そもが生物ではない、概念の具現体。殺すも滅するも出来ない為、当然成す術は封印となる。
 結界で固め、一匹一匹を因果で縫い合わせ、一個の存在率に統合。最後にニホン八百万の大元、『なんじゃもんじゃ』が真名を与えて顕界の理に強引に捩じ込んだ。
 かくして、名も無き告死の蝶は『黒死の虚神・伊佐波』となり、顕界における仮初の座を得るに至った。
「まあ、八百万(こちら)も随分と同胞を失ったがな」
 そう言って、宙を仰ぐ。
「じゃあ、それで……」
「万事解決?」
「……には、ならんかった」
 ズッコケる二人。見ないふりして、続ける姫。
「元が元じゃから、それだけでは安定せんでな。いつまたタガが外れるか分からんかった。ならばどうするか。答えは明瞭じゃ。仮初とは言え、奴は神になった。神がその存在を安定させるに必要なモノ。それは……」
 手にしていた扇をパチンと閉じて、姫は眼前の二人を指し示す。

「人の、『信仰』じゃ」

 事態の再発を恐れた八百万の神達は、伊佐波をある陰陽師の一族の元へと導いた。
 かの者達に告げた事は一つ。

 ――伊佐波(この神)を、奉れ――。

 選ばれた一族は力衰え、断絶の間際にあった。
 藁にもすがる想いで伊佐波を受け入れ、一族復興の願いを込めて奉った。
 結果。
 一族は力を盛り返し、守護神となった伊佐波はその存在を安定させた。
 確かな、安息。

「……じゃがな……」

 鈴音の声が、潜まる。

「妾達は、見誤っておった。人の、闇と言うモノを」

 かの一族が得た力は、当然の様に『死』を繰るモノだった。
 暗殺。呪殺。社会の暗部で富を蓄え、彼らは爛れていった。歪んだ信仰は依存を深め、伊佐波の有り様すらも変えていく。
 その果てに、彼らが選んだのは。

 ――神と血を交え、その加護を永久のモノと成す事――。

「奴らめ。禁忌を使って、伊佐波と長の娘の魂を『結び』おった」

 忌む声の示す通り、結果訪れたのは破滅だった。
 暴走した死の力に喰われ、一族は一夜にして果てた。
 娘の行方は、分からない。
 まるで、己の存在の証すら滅した様に。
 人の前からも。
 神の目からさえも。
 永久に。
 消えた。

「昔々。ずっと昔の、お話じゃ」

 ほう、と息をつく姫。沈黙が、降りる。
「……じゃあさ……」
 満ちる空気に耐えかねた様に、カレナが尋ねる。
「どうすれば、いいの? ボクらは、皆は、どうやってそんな奴を……」
「誰が、倒せと言った?」
「……え?」
 開いた扇の向こう。姫の目が、妖しく光る。
「奴は、死ぞ。唯の、死ぞ。正も悪も。聖も邪もない。ただそこに置かれただけの、抜き身の刃ぞ。如何に舞い、何を切るかは、握る者次第。なれば――」
 再び扇が、二人を示す。

「その柄、浄化師(其方ら)が握れ」

 息を呑む二人に、八百万の姫は説く。
「かの災禍の時、天の悪餓鬼は手を出さんかった。些事と捨て置いたのかもしれん。人が死ぬなら、好都合としたのかもしれん。されどもし、別の理由があるのなら――」
 薄い花弁が、クスリと笑む。

「あの傲慢の寝首を掻っ切る、一手になるやもしれん」

 姫の背後。幾多の気配が、確かに笑んだ。



「ちょっと、訊きたいんだけど」
「何じゃ?」
 去り際、セルシアが放った問い。姫が、返す。
「例の、伊佐波と結ばれた娘って言うのはどうなったの?」
 しばしの間。やがて、ゆっくりと紡ぎ出す。
「神の力には、対価が必要じゃ。かの娘も失って、得た」
「……何を?」

「光と、己の死」

 ピクリ。
 震える、二人の肩。
 知らぬ振りをして、姫は続ける。
「今も、この現し世の何処かを歩いていようよ。光も、終わりもない世界を。たった一人で。そう……」

「ずっと……ずっと、な……」

 季節に合わない冷たい風が、二人の髪と桜花を揺らす。
 舞い踊る花弁の向こう。何処か遠くで。
 音が、聞こえた。

 リ ィ イ イ イ……。